アカウント作りやカテゴリ選定に迷った時のアドバイス

みなさん、こんにちは!電子くんです。

ツイッターアフィリエイト歴が長くなってくると、アカウント作りのカテゴリのアイディアがどんどん飽和していきます。

僕も7年間続けてきましたが、時間を使ってしまうのはアカウントのコンセプトやカテゴリです。

そんな時、僕がどのようにして乗り越えてきたかをご紹介します。

テストアカウントを作りターゲットをフォローする

まずはどうでもいい、テスト用アカウントを作ります。

こちらは電話番号(GV)もプロキシもいらないので、自宅のPCやスマートフォンから作ってください。その後、『ターゲットにしたい客』をどんどんフォローしていきます。

アダルト系であればアダルト系をRTしているような男アカウントをフォローします。
一般系であれば一般系アカウントをRTしているアカウントをフォローします。

これはフォロー返しを狙っているわけではなく、今後ターゲットにするアカウントがどのようなアカウントに興味を持っているかを調べるためだけなので、フォローだけ大量にしておくのが狙いです。

このようにターゲットをフォローすることによって、自分のテストアカウントのタイムラインはターゲット客のツイートのオンパレードとなります。

テストアカウントのタイムラインをひたすら眺める

上記のようなテストアカウントが作れたら、もうそれは宝のタイムラインとなります。

ターゲットがどのようなツイートをし、どのようなことに興味があるかがそのタイムラインを見るだけで明らかになるからです。

そのタイムラインからどのようなアカウントを作ればいいかのヒントを見つけましょう。

また、前項でも書きましたが、フォローするアカウントは『RT』しているアカウントにしているため、そのアカウントたちはいろんなツイートをRTしていると思います。

RTされてバズっているアカウントもヒントになりますし、本当にタイムラインを見ているだけでアカウントを作るアイディアが出てきます。

僕はよくこの手法を使って、アカウントの作成のヒントを得ていました。

ツイッターのトレンドを眺めてみる

ツイッターのトレンドは下記画像の右端にあるものです。

時間があるときはトレンドを眺めてみるだけで、アカウント作成のヒントが生まれてきたりします。

ただ、一時的なトレンドのアカウントを作っても意味がないので、トレンドを見て、長期的に流行りそう、バズりそうと思えるトレンドを狙うようにしてください。

日常の自分のルーティーンから考えてみる

例えば朝起きて、自宅から会社までの道のりは毎日変わらないものです。

そこから何かアカウントを作るきっかけはないかと考えるのです。

例えば今、ふっと思いついたので言えば、マンホールってありますよね。あれいろんな種類があると思うんですけど、そのマンホールを紹介するアカウントとか誰もやってなくて面白そうだと思います。(需要があるのかはさておき)

そのように日常の些細な部分から、アカウントを作るヒントが生まれます。

大事なのは常日頃から、どのようなアカウントが面白いだろう、需要があるだろうと日常生活で考えることが大事です。

実は最も簡単な方法は二番煎じだったりする

0からアカウントを作る、考えるのは非常に困難ですし、時間がとてもかかってしまう作業です。そんなところに時間を使うくらいなら、作業をしたほうが良いと僕は感じます。

じゃあどうすれば簡単にアカウントが作れるか。

バズってるアカウントをパクればいいんです。

ただ、バズってるアカウントをパクるのではなく、あまり流行ってないジャンル、カテゴリでパクってるアカウントの二番煎じをするというイメージです。

例えば今更「動物系」でバズってるアカウントをパクっても仕方ないです。そうではなく、今だからこそ流行ってる、1アカウントしかないようなジャンル、カテゴリのものをパクって二番煎じで行うのです。

案外、二番煎じのほうが流行ったりするので面白いです。

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!