「フォロワーを集めやすいアカウントとは?」電子くんのアフィアカ無料公開中!

GoogleVoiceの凍結「無効なアカウント」の原因と防ぐ方法

今回はTwitterアカウントの凍結ではなく、GoogleVoiceの凍結である「無効なアカウント」についての原因や解決策などを紹介していきます。

GoogleVoiceはTwitterアフィリエイトをやる上では必須ですし、初心者さんが一番躓きやすいポイントでもあるので、この記事を見て、理解していただければと思います。

GoogleVoiceの凍結「無効なアカウント」とは

GoogleVoiceの凍結と聞いて、ピンとくる人は少ないかもしれませんが、以下の「無効なアカウント」という表示がGoogleVoiceの凍結になります。
GoogleVoiceの凍結「無効なアカウント」表示
Twitterアカウントの凍結とは違い、この画面が表示されたら突破や解決は不可能に近いので、GoogleVoiceを破棄するしかありません。

そのため、GoogleVoiceの凍結に関しては、凍結にならないように対策を講じる事や、凍結の原因を把握し、次につなげることが大事です。

でも、安心してください。僕は9年間GoogleVoiceの凍結と向き合ってきたので、凍結しない方法や原因は把握しています。次項より紹介していきます。

GoogleVoiceが凍結する二つの主な原因

GoogleVoiceが凍結する主な理由は二つのパターンがあります。

  • 作業ミスによる凍結
  • GoogleVoiceの品質による凍結
GoogleVoiceの品質が悪ければ悪いほど、凍結しやすく、作業ミスにも敏感で、1回ミスをするだけでGoogleVoiceは凍結してしまいます。また、作業ミスをせず、完璧に利用していても、GoogleVoiceの品質が悪ければ凍結してしまいます。

ついては作業ミスをなくし、GoogleVoiceの品質を向上させることでGoogleVoiceの凍結を防ぐことができます。

次項より具体的に作業ミス発生しやすい部分や確実に凍結してしまう行動を解説していきます。

GoogleVoiceが凍結する作業ミス「パスワード変更」について

GoogleVoiceは購入後、パスワードを変更する必要がります。業者から購入しているので、業者によってはGoogleVoiceの取り扱いのミスが発生するので、購入したGoogleVoiceのパスワード変更は必須です。

ただ、パスワード変更を行うとGoogleVoiceが凍結する場合がありますそれは、24時間以内にパスワードの変更を2回以上行った場合です。

なので、パスワード変更する際は「前回の変更日時」を確認したうえで、パスワード変更を行うようにしましょう。前回のパスワード変更日時

GoogleVoiceが凍結する作業ミス「ログイン場所」について

GoogleVoiceへログイン、アクセスする際はプロキシを経由するのが一般的です。

「ログイン場所」というのは接続IPの事を指し、ログイン場所による凍結はプロキシの設定ミスによるGoogleVoiceの凍結です。

プロキシの詳しい説明は省略しますが、プロキシを利用することで、日本にいながら、アメリカなどからアクセスからアクセスしいるように見せることができます。これがプロキシの設定ミスで「さっきまで日本でアクセスしていたのに今度はアメリカ!?」などとなってしまうため、GoogleVoiceが凍結してしまうという状況です。

ついては、24時間以内に異なる場所(異なるIP)からGoogleVoiceにログインするとGoogleVoiceは凍結してしまいます。

GoogleVoiceとプロキシはセットで管理するのは当たり前ですが、設定ミスをなくすためにもFirefoxコンテナノウハウを利用することをおすすめします。もちろん無料で出来ますので、Firefoxを利用されてない方はこちらの記事をご覧ください。

【完全無料】Twitterアフィリエイトを始めるための環境構築

【完全無料】Twitterアフィリエイトを始めるための環境構築

GoogleVoiceが凍結する作業ミス「ログイン端末」について

今度はログインしている端末(ブラウザ)についてです。

前項のようにログイン場所(接続IP)をクリアしても同じ端末でGoogleVoiceのログインログアウトを繰り返し、複数のGoogleVoiceを利用すると、凍結してしまいます。

ここでいう「端末」というのは、ブラウザ(GooglechromeやFirefox)を指します。

同じ端末で48時間以内に100以上のGoogleVoiceアカウントにログインした場合、全て凍結します。

こうならないためにはクッキーやキャッシュの管理が必須になります。ただ、「クッキー削除」や「キャッシュのクリア」を行うのもリスクです。なぜなら「このアカウント、毎回クッキーとキャッシュがクリアされていて怪しい」と逆に目を付けられるからです。

このログイン端末問題についてもFirefoxのコンテナノウハウが一役買うことになります。是非、Firefoxのコンテナを利用して、アカウントを管理してみてください。

GoogleVoiceが凍結する作業ミス「転送設定」について

まず、はっきり言って転送設定を行うこと自体を推奨していません。というかやめたほうがいいと断言します。転送設定は自らアカウント同士を関連付ける、紐づけをする作業になります。連鎖凍結のリスクになります。

今すぐ転送設定を解除することをおすすめします。

なお、転送設定についても48時間以内に転送設定を行うと、転送設定を行ったアカウント、そして、転送に紐づくアカウントが全て凍結します。

GoogleVoiceが凍結する「GoogleVoiceの品質」とは

前項まではGoogleVoiceの自身の作業ミスによって発生するGoogleVoiceの凍結について解説してきました。

ただ、GoogleVoiceの取り扱いを完璧に行っていてもGoogleVoiceが凍結してしまうことがあります。それは防ぎようがない「GoogleVoiceの品質」によるものです。

GoogleVoiceは購入するしかありませんが、値段が安いものから高いものがあるのはこのGoogleVoiceの品質によるものと思ってください。

品質が低ければ低いほど、作業ミスによる耐性が弱いです。品質が低いものであれば、1回のミスで凍結してしまいますし、品質がある程度高いものであれば、数回のミスで凍結はしません。また、GoogleVoiceの品質によっては、何もしなくても半年~1年で凍結してしまうものもあります。

結局、安いGoogleVoiceを購入したとしても、凍結してしまって手間とさらなるコストがかかることを考えると、品質の高いGoogleVoiceを購入したほうが安上がりです。

GoogleVoiceの品質はなにでわかるのか

GoogleVoiceの品質については、以下ではかることができます。

  • GoogleVoiceは古ければ古いほど品質が良い
  • 高品質のIPでGoogleアカウントが作られているかどうか
  • Googleアカウント作成日とGoogleVoiceの付与日が離れているかどうか
    上記項目が明示されている業者で購入するべきですが、だいたい英語のサイトですし、そんな優良な業者は多くないです。

    僕の利用している自動販売機では、高品質を担保しつつ、低価格を実現していますので、おすすめです。GoogleVoiceのでお困りの方は、是非下記よりご覧ください。

    GoogleVoiceとヤフーメール(ヤフメ)アカウントが購入できる日本語自販機

    限定コンテンツのご案内

    僕のTwitterアフィリエイトの歴史、経験が盛り込まれた”特別な情報”を限定公開しています。「凍結」「シャドウバン」「通知規制」で悩んでいる方はぜひチェックして下さい。

    クローズドコミュニティ「チームmizuta」

    アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
    Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
    ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!