(図解)Firefoxコンテナノウハウで凍結しないTwitterアフィリエイト

ツイッターアフィリエイトを行う上で、Firefoxのコンテナノウハウを利用されている方が増えたのか、LINE@やオープンチャットでコンテナ関連の質問を多くいただくようになりました。

過去の記事にもコンテナのお話しは少ししていましたが、細かく図解で説明したことがなかったと思うので、今回は拙いですが図を使い、説明していこうと思います。

なぜツイッターアフィリエイトはコンテナノウハウが最適なのか

ツイッターアフィリエイトの大敵はアカウント凍結です。アカウント凍結される理由の一つとしておかしな挙動が目を付けられる一つとなります。

Firefoxのコンテナノウハウを利用すると、限りなくそのおかしな挙動を抑えることができます。そのためコンテナノウハウが最適と提唱しています。

Googlechromeを利用したツイッターアフィリエイトはおかしな挙動が残る

Firefoxのコンテナノウハウを知らない方は、Googlechromeを利用してツイッターアフィリエイトを行っていると思います。

複数アカウントを利用する(もしくは作成する)際のGooglechromeを利用した具体的な動作は下記かと思います。

  1. Googlechromeを立ち上げる
  2. Googlechromeにプロキシを設定する
  3. ツイッターのページを開く
  4. ツイッターにログインをする
  5. 必要であれば、別タブでGV、ヤフメなどもログインする
  6. 必要な作業が終わったら、ログアウトし、タブ毎にクッキーを削除する

ここで、自分がツイッターを利用するうえでおかしいと思う挙動を考えます。それは「ログアウトし、タブ毎にクッキーを削除」となります。

Twitterを利用するうえで、毎回ログアウトしているのはおかしな挙動ですし、毎回がクッキーが削除されているのもおかしいですよね。

ですが、Googlechromeでアカウントを運用(もしくは作成)を行う上では「ログアウトし、タブ毎にクッキーを削除」は必須となり、こちらをしないとアカウントを作れない(もしくは凍結する)ことになります。

Firefoxのコンテナノウハウでは「ログアウトし、タブ毎にクッキーを削除」が全く必要ありません。そのためおかしな挙動を残すことがなく運用することが可能です。

FirefoxのコンテナノウハウをGooglechromeと比べて図解で説明

拙い図での説明になりますが、GooglechromeとFirefoxのコンテナの違いを図で説明いたします。

ツイッターアフィリエイトでGooglechromeを利用した場合の状況

Googlechromeを使う場合は下図のようになります。
GooglechromeTwitteraffiliate
Googlechromeのブラウザ自体にプロキシを設定する形となる為、プロキシを設定したGooglechromeでは何個タブを開こうと、同じプロキシでの動作となります。

そのため、ツイッターアカウントを切り替えたいときは、図で言うところの内のコンテンツから削除(ログアウト、クッキー削除)していく必要があります。
例)ツイッターアカウントAを利用後、ツイッターアカウントBを利用する場合

  1. GooglechromeにツイッターアカウントA用のプロキシAを設定
  2. ツイッターAやGVなどにログインする
  3. 利用終了
  4. ツイッターAやGVのログアウト、クッキー削除を行う
  5. プロキシAの設定をツイッターアカウントB用のプロキシBに設定を変える
  6. ツイッターBやGVなどにログインする
  7. 利用終了
上記のようにどうしてもアカウントを複数利用する場合は、クッキー削除、ログアウトが必要になります。

ツイッターアフィリエイトでFirefoxのコンテナノウハウを利用した場合の状況

Firefoxのコンテナノウハウを使う場合は下図のようになります。
firefoxTwitteraffiliate
Firefoxのブラウザ内にはコンテナという「箱」を複数作ることができます(図では4個ですが、1000個ほどの箱を作ることは可能です。)

コンテナ自体にプロキシを設定することができ、その中でツイッターやGV、Yahoomailなどを展開できるため、ツイッターアカウントAからツイッターアカウントBに切り替えたいときは開くコンテナを変えればすぐさまツイッターアカウントを切り替えることができます。下記に運用の具体例を挙げてみます。

  1. FirefoxのコンテナAを開き、ツイッターアカウントA用のプロキシAを設定
  2. ツイッターAやGVなどにログインする
  3. 利用終了
  4. FirefoxのコンテナBを開き、ツイッターアカウントB用のプロキシBに設定
  5. ツイッターBやGVなどにログインする
  6. 利用終了
上記のように1回作ったコンテナはいつでも開くことができるため、ツイッターやGV、Yahoomailをわざわざログアウト、クッキー削除などをせずに、並行して違うアカウントの作業を行うことができます。

ツイッター、GVなどにおかしな挙動を残すことがなく、さらに作業効率が圧倒的に上がる為、Firefoxのコンテナノウハウはツイッターアフィリエイトにおいて優れているのです。

ツイッターアフィリエイトで忘れちゃいけない概念をお伝えします

Googlechromeだろうが、Firefoxのコンテナノウハウだろうが、忘れちゃいけないのは『プロキシとツイッター、GV、ヤフーメールはセット』だという事です。ここだけを覚えておけば様々な疑問が簡単に解決すると思います。

例えば、最近もらった質問として「複数のパソコンでFirefoxのコンテナノウハウを利用する場合、どちらかをログアウトしなければいけないでしょうか」のような質問をいただきました。確かにパソコンが違うため、怪しい挙動になってしまうのではないかという不安があります。でも大事なのはプロキシ(接続元)とアカウントとの関係です。

パソコンAでプロキシAを設定し、アカウントAを利用していたのであれば、パソコンBでもプロキシAを設定すれば、アカウントAを利用して問題ありません。

基本的にはプロキシとアカウントがセットという事だけを頭に入れておくと、作業の幅が広がりますね。

今すぐFirefoxのコンテナノウハウを利用してみよう

今回の内容を読んでいただいた方で、まだFirefoxを利用していない方は是非利用してみてください。
準備するのに5分~10分ほどでできるマニュアル記事を作りました。こちらをご参考ください。

【完全無料】Twitterアフィリエイトを始めるための環境構築

上記の記事を読んだうえで、さらに便利にFirefox、コンテナを利用するために、こちらの記事をご覧ください

アフィリエイトをやる上でのFirefox初期設定とコンテナ簡単作成

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!