【取り扱い注意】「リツイート(RT)戦略」について

みなさん、こんにちは!電子くんです。

今回はリツイート戦略についてお話ししようと思います。

リツイートに関しては「アカウントロック」や「アカウント凍結」のリスクを伴ってくる危険な行為とも言えますが、リスクさえ回避できれば非常に効果が高い戦略になります。

僕の経験則を交え、リツイート戦略についてお話していきます。

リツイート(RT)とは

リツイート(retweet)は「RT」と呼ばれます。

リツイートの仕様としては、特定のツイートを再度ツイートする、re・tweetという意味です。リツイート=拡散と思われている方も多いと思います。効果的には拡散なのですが、仕様的には再ツイートであることを覚えておいてください。

主な使われ方としては、特定のツイートのリツイートボタンを押すことで、自分のタイムラインにも同じツイートをその発信者の情報を載せたまま、ツイートされるという状態になります。

拡散と言われるゆえんは、本来ツイッターではアカウントAでつぶやかれたツイートはアカウントAのフォロワーさんに表示されます。アカウントAさんのフォロワーが100人であれば、100人がそのツイートを見ることになります。

ここで、アカウントBがそのツイートをリツイートした場合、アカウントAによってつぶやかれたツイートはアカウントBのタイムラインやアカウントBのフォロワーさんにも表示されるようになります。

アカウントBのフォロワーさんが1,000人いた場合、100人+1000人で1100人がそのツイートを見ることになります。

ツイートしたアカウントのフォロワーが多くなくても、フォロワーが多い方にリツイートされるだけで、多くの方にツイートを見てもらうことができます。これがリツイート機能になります。

ツイッターアフィリエイトでリツイートを上手に使うには

前項でもご紹介した通り、リツイートは再ツイートです。ほぼ、ツイートだと思ってください。

そのリツイートが定期的、もしくは短時間に、また同じアカウントのみをリツイートしていたら、機械的な操作だと思われても仕方ないですよね。

これがリツイートでアカウントロックやアカウント凍結になりやすい原因だと考えます。

特にツールで管理している場合は、アカウントロックは避けられません。仕方ない部分はあると思います。

ただ、アカウント凍結は避けなければなりません。

リツイートはツイッターアフィリエイトの最重要部分、収益化にも絡んでくる内容で、自動化を目指すうえでは可能な限りツールで管理していくのが望ましいです。

色々な試行錯誤をした結果、アカウント凍結のリスクを抑えつつ、リツイートを運用ノウハウが今の僕にはあるので、そちらを次項からお伝えできればと思います。

ポイントは「グループ化」と「手動のように見せるか」です。

実際のリツイート運用方法をご紹介

僕がリツイートを使うときは3つの場合があります。その3つの場合での使い方をご紹介していきます。

トレンドツイートなどを狙ってバズらせる際の戦略

当時の僕は所持アカウント数は1,000以上、合計フォロワー数は600万くらいあったかと思います。

これだけのアカウントを所持していると、特定のツイートをバズらせることが可能になります。

やり方としては以下の通りです。

  1. 伸ばしたいアカウントでトレンドツイートorバズるツイートをする
  2. ツールの機能ですべてのアカウントで①のツイートを一斉にリツイートをする
  3. その結果、トレンドを作ることができる

トレンドツイートとはどういうのを指すかというと、簡単にいうとニュースです。最近で言えば、宮迫さんのYouTube開設などですかね。

ただ、バズらせるネタは炎上を狙うよりも、明るいニュースのほうがポジティブな印象があり、相乗効果が生まれやすいです。イチローさんの引退会見や、毎年行われる、ガキ使の笑ってはいけない24時とかですね。

こちらに関してはある程度、アカウント数が必要になりますので、アカウント数が多くなってきたらお試しください。自分でトレンドを作れるというのは快感です。

ただ、注意してください。闇雲にこの「一斉にリツイート」機能を使うとアカウント凍結が多発します。

僕の体感ですが、1日に2回以上利用すると、アカウントロック、凍結が多発しました。

それ以上は怖くてできてないのですが、1か月に1回程度利用する分には問題ないと思います。

アカウント育成段階・研究でのリツイート運用

まったく同じボットストーリーでもアカウントによってフォロワー数やリアクション数が違ったりしますよね。これに関してはアカウント名やプロフィール、アイコンなど効果もあるかと思います。関連記事をあわせてごらんください。

Twitterアカウント名の重要性を語ろうと思う

こういう時にもリツイート運用をうまく使うことで、よいアカウントをさらに伸ばすことができます。

  1. 同じ系列(例えば動物)のアカウントを10個、グループ化します。
  2. その中で一番、効果が高かったと思えるアカウント(ツイート)をその他9個でRTします
  3. さらに効果が高かったツイートの元、アイコンなどを変更し、さらに10個のアカウントを作ります
  4. ②~③を繰り返します

少し解説をすると、同じ系列で10個のアカウントをグループ化し、一番効果(フォロワー数やツイートのリアクション数)が高いアカウントAをその他9個のアカウントでRTすることで、アカウントAのみを伸ばすことができます。

ただ、このアカウントAがなぜ伸びたかはまだわかりませんよね。

そこで、次のフェーズとして、アカウントAのツイートを完全にパクリ、プロフィール文だけを変えたアカウントを9個用意し、どのアカウントが効果が高かったかを検証するのです。

そこで効果が高かったアカウントはプロフィールが良かったという事が分析できます。

それをアイコン、アカウント名でもすべて検証することで、クオリティの高いアカウントを作りつつ、アカウントを伸ばしていくという方法です。

こちらの方法に関しては、10件程度のRTですし、定期的に実施するRTでもありませんので、アカウント凍結のリスクはほとんどありません。アカウントのクオリティを高めたい方は、ぜひ利用してほしいです。

収益化に伴うリツイート運用

収益化を行う際はリツイート機能は必須となります。
基本的な考えではアカウントAで広告ツイートを行い、その他アカウントでリツイートを行うという運用方法になります。

  1. 30個のアカウントを1つのグループとしてグループ化します。
  2. その中からランダムで選んだ1つのアカウントで広告ツイートを行います。
  3. 30個のアカウントの中から10個~15個のランダムなアカウントでリツイートを行います
  4. ツイートの期間は1時間~1時間30分、リツイートは1時間後程度で削除

少しだけ補足をすると、リスク分散を行うためにアカウントは30個でグループ化します。グループでRTをしていくので少なからず、関連性が生まれてしまいます。30個くらいずつでグループ化するのが経験則上いいと判断しています。

ポイントは毎回広告ツイートするアカウントをランダムで選出するという部分と、全アカウントでRTをするわけではなく、揺らぎを持たせ、10~15アカウントでRTを行う事です。

ゆらぎを持たせるのはいろんな意味がありますが、毎回29RTがついているアカウントは怪しいですし、RTの数>いいねの数となっているツイートって怪しいですしね。

また、揺らぎを持たせることで、機械的なリツイートから、手動的なリツイートに見せることもできるというメリットもあります。

最後に、深夜帯で収益リツイート運用をするのは効果が低いと思うので止めています。実施は20時~23時くらいの3時間で、1ツイートから2ツイートという感じです。

ツイッターアフィリエイトではリツイートの知識は必須

ツイッターアフィリエイトをやるうえで、リツイート機能は必須だと考えています。

リツイートがうまく使えれば、収益化もうまくいきますし、アカウントを育てることもできます。バズらせることも、トレンドを作ることもできます。

ただ、アカウントロックやアカウント凍結とは切っても切れないとは思います。

そこはいろいろな経験、ノウハウ、知識があればカバーできる部分かと思っておりますので、わからないことがありましたら、LINE@等でお気軽にご連絡くださいね。

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!