意外と知らない!?TwitterアフィリエイトでのNG行動とは

みなさん、こんにちは!電子くんです。

本記事では「TwitterアフィリエイトにおけるNG行動」についてご紹介していきます。

このNG行動をしないだけでも、成果は上がり続ける可能性を秘めてると言えます。

今回紹介するNGに関しては僕の7年間のノウハウからくるものですので、あまり情報が流出してないと思うので貴重な内容かもしれません。

TwitterアフィリエイトにおけるNG!アカウント作成時の注意!

Twitterアカウントの作成時にやってはいけないNG行動があります。

  1. 登録メールアドレスに「エイリアス」使ったらダメ
  2. Twitterアカウント作成時にメールアドレスを必要とするかと思いますが、そちらに「エイリアス」を使用したらNGです。

    多くの方がGmailを利用していると思いますので、Gmailのエイリアスについてご紹介します。
    エイリアスとは簡単に言うと「一つのアカウントで複数のアドレスを手に入れる」というもので、実際Gmailであれば非常に簡単です。

    例として「xxxxxxxx@gmail.com」というアドレスがあったとしましょう。
    gmailであれば@以前の文字列に対して、「.」を入れてた場合、「別メールアドレス」として認識される一方「同じ受信トレイでメールを受信」することができます。

    つまり、
    xxxxxxxx@gmail.com = x.xxxxxxx@gmail.com = x.x.x.xxxxx@gmail.com 
    のように、「.」を挟むだけで別メールアドレスという扱いになるのです。

    これを使えば、Twitterアカウントを作成する際にいちいちメールアドレスを新たにとることなく、ひとつのメールアドレスでエイリアスを使い、いくらでも使いまわせるのですがこれがNG行動になります。

    理由は簡単です。過去の凍結祭りの際、エイリアスメールアドレスが全部凍結したという事件があるからです。
    エイリアスは別メールアドレスとして扱われますが、やっぱり関連性が強かったんだと思います。ついてはエイリアスを使うのはNG行動だと言えます。

  3. 同じプロキシを6回以上使ったらダメ
  4. 本当であれば同じプロキシは3回までにしてください。

    3回までのルールにしておけば、どれだけ管理に失敗しても5回までに抑えられると思います。
    6回以上、同じプロキシを使うと、スパム判定のリスクやアカウント凍結のリスクが伴ってきます。完全なNG行動です。

    プロキシの取り扱いは十分ご注意ください。

    プロキシってなに?って方もいらっしゃるかと思いますので、別途記事がありますのでこちらもご覧ください。

    Twitterアフィリエイトの必須アイテム「プロキシ」について解説

  5. 同じアカウント名、同じアイコンを使ったらダメ
  6. 大量のTwitterアカウントを作り始めると、同じアカウント名使ってもいいかな……1回使ったアイコンを使おう……と思ってしまうことがあります。
    これに関してはできるできる限り辞めたほうがいいというレベルのNG行動になります。

    その理由としては、僕たちが使っていたツールには「凍結アカウント復元」という機能がありました。

    これは「凍結したアカウントのアイコンやプロフィール、アカウント名などをそのまま用いて、新しいアカウントを作る」というシステムです。
    これを使うことで、アカウント作成時のプロフィールなどのアカウント作成時に頭を使うことなく、アカウントが作成できるため、非常に時間がかからずにいいのですが、、、

    やっぱり凍結します。

    ただ、必ず凍結するとまでの結論は出せていませんが、凍結しやすいというところまで分析の結果たどり着きました。

    はっきり言って、すべての凍結理由はわかりません。
    ただ、アカウント名やプロフィール、アイコンなどに凍結の理由があった場合、それを全部コピーして作ったアカウントは、もちろん凍結しますよね。
    そういった理由で、あまり同じアカウント名やアイコンを使うのはよくないというものとなります。

  7. アカウントを作りっぱなしにしたらダメ!
  8. これはあまりやる人はいないかもしれませんが、アカウントを作ってツイート0、フォロー0、フォロワー0という状態が続くとアカウント凍結になります。
    せっかく時間をかけて作ったアカウントを無駄にしてしまうことになります。

    そうならないためにもアカウントを作ったら、まず1ツイート、30フォローくらいをすることをお勧めします。というか必ずやってください。

    ここまでがアカウント作成時に気をつけなきゃいけない、NG行動です。

TwitterアフィリエイトにおけるNG!運用時にも注意が必要

次はアカウントを運用する際の注意点となります。

  1. アカウント作成時に使用したプロキシ以外でアクセスしたらダメ!
  2. プロキシをころころ変えてしまうと、ツイッター社がログを調べたときに接続場所がころころ変わってしまっていることがばれてしまい、怪しい挙動になります。
    こちらは完全にアカウント凍結のリスクとなりますので気を付けてください。
    なお、Firefoxを利用することでほぼ確実にミスを防ぐことができます。こちらの記事を合わせてごらんください。

    【完全無料】Twitterアフィリエイトを始めるための環境構築

  3. アカウントロック状態を放置してたらダメ!
  4. アカウントを運用していると、アカウントロック状態という状況になるときがあります。こちらに関してはアカウントにアクセスして、番号などを入力することでアカウントロック状態を解除することができるのですが、これを数日怠ると、アカウントロックの状態からアカウント凍結に変わってしまいます。

    そうならないためにもアカウントの事は常に気遣い、アカウントロック状態を放置しないようにしてください。

  5. 全く関係のないハッシュタグで便乗するツイートはダメ!
  6. Twitterではトレンドというのがあり、そのトレンドを付けてツイートするだけでかなり多くの方に見てもらうことができます。

    トレンドとはこのようなものを指します。
    例えばそれを使ってこんなツイートをしたとしましょう
    今日マジ疲れた。明日も頑張ろう #金曜ロードSHOW
    これはあくまで例えですがトレンドのハッシュタグ「#金曜ロードSHOW」とツイート内容に乖離が見られます。

    このようなツイートが多すぎると、Twitter側や見ているユーザーからBAN(通報やアカウント凍結)を食らう可能性があります。
    なので、ツイート内容に関しては少しだけ気を付けてください。

TwitterアフィリエイトにおけるNG!GVはかなりシビアに!

GVとは?という人もいるかと思います。まずはこちらの記事をご覧ください。

GoogleVoiceのこれだけは押さえておきたい事をご紹介します!

GVに関しては気にすることは本当はいろいろなことに気を使わなければいけないのですが、ここでは大きく3点お伝えします。
過去の記事にも書いてある内容もあると思いますため簡単に説明します。

  1. 同じプロキシでアクセスしなくちゃダメ
  2. 最初のパスワードとリカバリーメールはすぐに変更しなきゃダメ
  3. リカバリーメールは同じアドレスは25回以上使っちゃダメ

リカバリーメールについてだけ補足をしておきます。
リカバリーメールを25回以上使ってはいけないことに関しては、以前、リカバリーメールをすべて同じアドレスに設定していたところ、すべてのアカウントがアカウント凍結したという事例があります。

そのためそのリスクを避けるためにも25回までというルールを僕は勝手に作っています。
こちらに関しては明確に25回というルールはありませんので、あまり多く使いすぎないことをお勧めします。

Twitterアフィリエイト7年間で学んだNG行動について

NG行動を思いつくままにどんどん書いていきましたが、たぶん実際これ以上あると思います。

7年間Twitterアフィリエイトをやっているといろんな壁にぶつかりましたが、そのたびに、いろんな解決方法を見つけて解決してきました。

その7年間の集大成が今日ここに書いたNG行動です。

皆さんはこの記事を読むだけで7年間をスキップすることができます。

ただ、これからもずっとNG行動は増えていきます。今日よかったものが明日ダメになることもあります。

ただ、今までダメだったNG行動が許可されましたー!なんてことは今までにありません。

つまりは、NG行動は積み上げ式で、経験の差がもろに出る部分なのです。

まずは失敗を恐れずにいろいろなことに挑戦してみてもいいかもしれません。
わからないことがあったら、ぜひLINE@等で聞いてくださいね!

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!