Twitter新機能「フリート(Fleet)」の仕様、使い方を徹底解説

11月11日より、ツイッターに新機能としてフリート(Fleet)が導入されました。

今回はフリート(Fleet)の仕様や使い方、ツイッターアフィリエイトに与える影響などを記事にしていこうと思います。

ツイッター新機能「フリート(Fleet)」とは

Twitter社が11月10日、テキストや写真などを24時間のみ表示される新機能として、公開したものとなります。紹介動画がありますので、こちらもご覧ください。


フリート(Fleet)はFacebookやInstagramなどの「ストーリー機能」と似たような機能で、特徴的な性質として、以下4点があげられます。

  • フリート(Fleet)はタイムラインではなく、最上位に表示される
  • フリート(Fleet)を既読した人がわかる(足跡)
  • フリート(Fleet)に投稿した内容は24時間で削除される
  • フリート(Fleet)にメッセージを送ると、ダイレクトメッセージとなる
一つ一つ、解説していきます。

フリート(Fleet)が表示されるのはタイムラインとは別の最上位

このようにフリート(Fleet)はタイムラインとは別にツイッター上の一番上に表示されます。

フリート(Fleet)の表示場所
自身のフォロワーで、フリート(Fleet)を投稿された方がこのように横に表示されます。また、アイコンの周りが青で縁取られているのが僕がまだフリート(Fleet)を見ていない人で、フリート(Fleet)を閲覧すると、以下のように青の縁取りが消えます。
既読したフリートの表示
基本的には既読されたフリート(Fleet)はフリート(Fleet)の列の最後尾に並ぶことになります。なお、フリート(Fleet)は時系列が新しいものから左に並びます。※自身のフリート(Fleet)は常に最も左に表示されます。

また、フォロワーじゃない方がフリート(Fleet)を見るためには、そのツイッターアカウントのプロフィールページで閲覧することが可能となります。

プロフィールページにてフリート(Fleet)が閲覧可能
フリート(Fleet)を選ぶとフリートが見れる

フリート(Fleet)を既読した人がわかる(足跡)

自身が投稿したフリート(Fleet)は、誰が閲覧したかがわかる足あと機能(既読機能)がついています。下記の画像のように表示され、これは投稿者のみが確認することができます。

フリート(Fleet)の既読通知
また、何人が閲覧したかも確認することができます。フリート(Fleet)を閲覧した人数の表示

フリート(Fleet)は投稿から24時間以上たつと自然と閲覧不可能になる

フリート(Fleet)は投稿から24時間以上経過すると、自動的に削除されます。

24時間経過後(削除後)は現状、投稿者も確認することができないですし、投稿の結果(既読数や閲覧者)も確認することはできないように思えます。

このあたりは、今後も調整されていくかもしれません。何かわかり次第、追記させてもらいます。

フリート(Fleet)にメッセージを送ると、ダイレクトメッセージに届く

フリート(Fleet)にはそのフリート(Fleet)に対して、メッセージを送ることができます。フリート(Fleet)にメッセージを送ることが可能
送られたメッセージはダイレクトメッセージとなって、投稿者へ届きます。

フリート(Fleet)へのメッセージはダイレクトメッセージとなる。

以上がフリート(Fleet)の主な仕様となります。

フリート(Fleet)の投稿方法とは

フリート(Fleet)の使い方は非常に簡単です。使い方としては二つの方法があります。

  • テキストや画像、動画などを投稿する
  • ツイートを共有する
一つ一つ簡単にやり方を説明します。

フリート(Fleet)でテキストや画像、動画を投稿する方法

①自身のタイムラインの左上の「追加する」を選択します。

フリート(Fleet)を投稿するために「追加する」を選択する

②投稿したい内容を選び、テキストや画像などを選択します。

投稿したい内容を選択する
「テキスト」はテキストだけでの投稿が可能です。「カメラロール」は自身のスマートフォンから画像や動画を選択でき、「撮影」、「動画」はそのまま写真や動画を撮影するモードとなります。画像や動画にももちろん、テキストを追加することが可能です。

③投稿したい内容を選び、テキストや画像などを選択します。

テキストを選択した場合は画面上の「今だけ伝えたいことは?」をタップするとテキストを入力するウィンドウが出てきます。テキストでフリート(Fleet)投稿する場合
カメラロールを選択した場合は、カメラロールから画像や動画を選択し、テキストなどを付け加えることが可能です。
カメラロールからのフリート(Fleet)投稿画像でのフリート(Fleet)投稿

④右上の「フリート(Fleet)」をタップすると投稿されます

フリート(Fleet)の投稿ボタン

フリート(Fleet)でツイートを共有する方法

①共有したいツイートの詳細から、共有ボタンをタップします

該当ツイートの共有ボタンをタップ

②共有の項目の中からフリート(Fleet)を選択します。

共有の項目の中からフリート(Fleet)を選択

③フリート(Fleet)の投稿画面となり、テキストなどを入力できます。

ツイート共有からのフリート(Fleet)画面

④テキストなどを入力出来たら、右上の「フリート(Fleet)」をタップすると投稿されます

フリート(Fleet)でツイートを共有
なお、フリート(Fleet)でのツイート共有は投稿されたフリート(Fleet)内のツイートをタップすることで、該当ツイートに移動することができます。フリート(Fleet)でのツイート共有をタップすると

ツイートに移動する

フリート(Fleet)を削除・ツイートする方法

こちらも簡単ですが、削除する方法と、フリート(Fleet)に投稿した内容をツイートする方法を紹介します。
右上の「▽」ボタンをタップすると、削除とツイートするが表示されるので、こちらで行います。
フリート(Fleet)を削除、ツイートする方法フリート(Fleet)を削除、ツイートする方法
なお、フリート(Fleet)をツイートしてみましたが、通常ツイートになるだけで、ツイートからフリート(Fleet)に遷移するなどといったことはありませんでした。

フリート(Fleet)からツイートしてみた結果

フリート(Fleet)をツイッターアフィリエイトに活用する方法とは

フリート(Fleet)についての紹介記事を書いていて、画像を多く使う分、ブログが長くなってしまったため、別記事にしようと思います。

近日中に公開する予定でいますので、もう少々お待ちください!

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!