Twitterアフィリエイト「信頼度・信用度」で発生する問題

Twitter信頼度信用度の話

2021年のTwitterアフィリエイトはまさに「信頼度・信用度」問題が席巻しています。

信頼度・信用度が低いとどのような問題が発生するか、解説していきます。

信頼度・信用度が低いと「通知が来ない不具合」になる

信用度、信頼度が低いと巷で「不具合」と騒がれている「通知が来ない」現象が発生します。

通知が来ない不具合とはリプライやいいね、リツイートされても通知が来ないという現象です。Twitterではかなり騒がれている現象になります。

この問題は思ってる以上に重大で、というのも、自身が受け取れない場合に関しては大きな問題ではないのですが、自身のリアクション(いいね、リプライ、リツイート、フォロー)などの通知が相手にいかないっていうのは大きな問題です。

リアクションをする目的(通知を行かせる目的)は相手にこっちの存在を気づいてもらうためです。それにもかかわらず、「通知が行かない現象」が発生してしまうと、その効果は半減どころか無効化されてしまいます。

そのため、こちらの現象はTwitterアフィリエイトをやる上でも大問題となりかねません。

信頼度・信用度が低く「話題のツイートに表示されない」

信頼度・信用度が低いと話題のツイートに表示されません。話題のツイートに表示されるとインプレッションが大幅に上昇し、リアクションもつきやすくなります。
話題のツイートとは
そのため、Twitterを伸ばす、Twitterアフィリエイトをやる上ではこの「話題のツイート」に以下にのせるかが勝負になってきます。

通常のツイートでは表示されるものの、メディア付き(画像や動画)やハッシュタグ付きツイートだと表示されないなどが現象としてよくあり、これもTwitter信頼度・信用度の問題が原因です。

信頼度・信用度の問題で「おすすめやいいねで拡散されない」

信頼度・信用度が低いと、拡散性が高いコンテンツでおすすめ表示されません。例えば、、、

●おすすめユーザー表示
おすすめユーザー表示

●いいねされるだけで他のタイムラインに表示される現象
いいねで拡散されるツイート
●検索のサジェスチョンでおすすめされる
検索のサジェスチョン

このようにTwitter社がおすすめされるユーザーになる為には信頼度・信用度が高くないといけません。逆に信頼度・信用度が低いアカウントはこのような表示が一切されないため、拡散性が薄く、インプレッションがあがりません。そのため、アカウントすら認知されず、Twitterが伸びない原因の一つになります。

信用度・信頼度の影響で「シャドウバン、凍結になりやすい」

信頼度・信用度が低いせいでTwitter社の規制である「シャドウバン・アカウントロック・アカウント凍結」になりやすくなります。

例えば、新規アカウントを作った状態は信頼度・信用度が低い状態ですが、そこでメディア付き、ハッシュタグ付きツイートをするだけで多くの場合はシャドウバンの制裁を受けることになります。しかし、そんなツイートをするだけでシャドウバンになっていたら、Twitter自体を楽しめませんよね。

つまりそこにはやはり信頼度・信用度に確実に働いているという証明になります。

では、信頼度・信用度をあげるにはどうすればいいでしょうか。

Twitterの信用度・信頼度を高めるための方法とは

信用度・信頼度を高める方法は一筋縄ではいきませんが、すぐに取り組める方法もいくつかあります。

  • メールアドレス認証を済ませる
  • 電話番号認証を済ませる
  • スクリーンネームを初期から変更する
  • アイコンをオリジナル画像に変更する
  • ヘッダーをオリジナル画像に変更する
  • プロフィール文を記入する
  • 重複ツイートをしない
  • パクツイをしない
  • 他のアカウントとの交流を持つ
  • アカウント作成日からある程度日数が経過する

一つでも見逃しているものがあったら、今すぐやってみましょう。

ただ、「アカウント作成日からある程度日数が経過する」に関してはどうしようもない部分があります。それには「オールドアカウントノウハウ」が有効的です。この話はまた別記事にて紹介させていただきます。

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイトの歴史、経験が盛り込まれた”特別な情報”を限定公開しています。「凍結」「シャドウバン」「通知規制」で悩んでいる方はぜひチェックして下さい。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!