無修正とTwitterと法律の話し

ツイッターアフィリエイトをやるうえで、アダルトジャンルに手を出すことがあります。アダルトジャンルはフォロワーの集まり方が一般ジャンルと比べ、即効性が高いというのが魅力的です。

しかしながら、一歩間違えると大変なことになりかねません。今回はそんなTwitterと無修正(アダルト)と法律のお話をしようと思います。

ツイッターに無修正のアダルト画像・動画を載せるとどうなるか

そもそもツイッターに限らず、ネット上に無修正の、もしくは無修正に見える局部の画像・動画をアップロード、ダウンロードしたら犯罪なのをご存じですか

有名な話として、警察に何かの罪(例えば覚せい剤や大麻所持など)を疑われて家宅捜索されることがありますが、警察はその家宅捜索で狙った罪が見つからなくても、パソコンを押収し、インターネット履歴を見て、無修正の動画を見た(ダウンロードした)履歴より、そちらの罪で逮捕するといったことが行われるほどです。

なお、ツイッター上にそのような画像・動画をアップロードをした場合は、刑法第175条の「わいせつ物頒布等罪」に問われ、有罪となれば、「2年以下の懲役」もしくは「250万円以下の罰金」またはその両方が科せられることになります。

無修正のメディアに関しては上記の通り、法律に引っかかります。ついてはTwitterルール以前に法律により逮捕されることを十分理解してください。

やばいのは無修正だけじゃない。Twitterルールを熟読してみよう

無修正は前項の通り、アウトなのは言うまでもありませんが、ツイッターにはツイッターのルールがあります。今回はアダルトに特化して、ツイッタールールを熟読していきます。

成人向けコンテンツはツイッターは許可していない

以下がTwitterルールの引用です。

成人向けコンテンツ
成人向けコンテンツとは、合意のもとで製作され配信された、ポルノをはじめとする性的興奮の喚起を目的としたあらゆる画像/動画をいいます。例としては以下の場面を描写したものが挙げられますが、これらに限定されません。

  • 全裸または半裸(性器、臀部、または胸部を拡大したものを含みますが、授乳に関連するコンテンツは除外されます)
  • 性行為をしているように見せること
  • 性交などの性的行為全般 – 人間または人間的な特徴を持った動物が登場する、漫画/アニメまたはアダルト漫画/アニメも該当します。

引用元:Twitterルール『センシティブな画像/動画に関するポリシー』

上記と共に理解したい『合意のない裸体の描写に関するポリシー』の引用も下記にのせます。

合意のない裸体の描写に関するポリシー

このポリシーでは、関係者の同意なしに、撮影された、撮影されたと思われる、または共有された露骨な画像や動画を投稿または共有することはできません。

このポリシーに違反するコンテンツの種類の例には、以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • ヌード、部分的なヌード、性行為を含む隠しカメラコンテンツ。
  • クリープショットまたはアップスカート-人々の臀部、個人のスカート/ドレス、または人々の性器、臀部、または乳房を見ることができる他の服を撮影した画像またはビデオ。
  • 個人の顔を他の人の裸体に重ね合わせるか、またはデジタル操作する画像またはビデオ。
  • 親密な環境で撮影され、公の配布を目的としていない画像または動画。そして
  • 親密な画像や動画と引き換えに、賞金または経済的報酬を提供する。

引用元:Twitterルール『センシティブな画像/動画に関するポリシー』

ルールに書いてある通りで、僕から補足することはありません。基本的にはルールに書いてあることを守っていれば問題ありません。

強姦及び性的暴行に関するコンテンツは許可していない

以下がTwitterルールの引用です。

強姦及び性的暴行に関するコンテンツ
強姦及び性的暴行に関するコンテンツとは、実際の行為かそれを装ったものかは問わず、性的行為に関連する暴力を描写するあらゆる画像/動画をいいます。例としては以下の場面を描写したものが挙げられますが、これらに限定されません。

  • 強姦及びその他の形での性的暴行、または参加者の同意なく実行された性的行為(同意がないことを装ったものを含む)
  • 性に絡む暴力 – 私的な状況で個人に身体的危害を加える(合意のもとでの行為なのかは一見しただけでは不明)

引用元:Twitterルール『センシティブな画像/動画に関するポリシー』

こちらもルールに書いてある通りなので、別途解説はしません。ルールの熟読と理解が重要となってきます。

許可していないアダルトコンテンツをツイートしても平気な場合とは!?

Twitterルールにも明確に記載がありますが『画像/動画をセンシティブな内容として設定』することで、回避することができます。

ポリシーの違反にならないケースとは?
画像/動画をセンシティブな内容として設定することを条件として、写実的な暴力描写や、合意のもとに製作された成人向けコンテンツはツイートで共有可能です。
引用元:Twitterルール『センシティブな画像/動画に関するポリシー』

センシティブ設定に関しては下記の記事で解説していますのでご覧ください

ツイッターのセンシティブ設定とは(ツイッタールールと考察)

なお、結論としてはセンシティブ設定をしてまでその類のツイートをする必要がないため、Twitterルールを守ったツイートをするというのがベストな方法だと思います。

でもツイッターで無修正やインターネット上に無修正なんてあるじゃん?

皆さんもご存じの通り、ツイッターアフィリエイトをやってる方でも無修正やネットに転がっているような画像を利用している人がいるかと思います。

この手法はあくまで『危険な橋を渡っている』と思ってください。『ハイリスクハイリターン』の方法をとっていて、いつでも捕まるリスクをとってまで稼いでいるという状況です。

例えば無修正動画をアップロードしているサイトは海外のプロキシを経由してアップロードすることで、日本の法律を掻い潜ろうとしているところや、ツイッター上の無修正動画は短時間で消したり、捕まらないと高をくくってるという状況です。

個人的にはこちらの手法は推奨しませんし、断固反対です。

みなさんはTwitterルールを守ったうえで、危ない橋を渡らずに安全に稼ぎましょう。

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

オープンチャット運営してます!

自由に情報と交流が飛び交って沢山の方と繋がりたい
そんな素敵なオープンチャットを目標に運営しています。