「画像をアップロードできませんでした」のエラーの原因と対処法

ツイッターでツイートを行う際、画像や動画などのメディアファイルを添付することありますよね。その時「画像をアップロードできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」のエラーが出てしまい、何度トライしてもうまくいかないことがあります。

もちろん、画像ファイルが原因の時もありますが、同じファイルを使っても出来るときと出来ないときがあったりします。今回はそのエラーの原因と対処法をお伝えいたします。

画像をアップロードできませんでした。のエラーとは

「画像をアップロードできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」というエラーを知らない人がいるかと思いますので、まずはそちらを説明いたします。

画像をアップロードできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。
このエラー、実は「画像をツイート画面に落とした(添付した)時に表示されるのではなく、「ツイートボタン」を押したときに表示されます。

皆さんもこのような経験はありませんでしょうか?

この症状が発生すると、画像ファイルを差し替えても、何度トライしても「画像をアップロードできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」とエラーが表示されてしまいます。

そうなんです。原因は画像ファイルじゃないんです。
※もちろん画像ファイルが原因の場合もあります。それを確かめるために違うファイルを添付してツイートを試してみてください。

画像をアップロードできませんでした。の原因はアカウントの状態あり

結論から言うと、この「画像をアップロードできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」が表示された時は「アカウントロック」がかかっている状態だと思ってください。

この現状が起きやすいのはアカウントの作り立て(作ってから3か月以内)だったり、フォロワーが少なく、アカウント自体の信頼が足りないときに発生します。ついてはTwitter自体がそのアカウントを怪しんでいる時に発生しやすい現象です。

この「画像をアップロードできませんでした。しばらくしてからもう一度お試しください。」が表示されたら、以下の行動を試してみて下さい。

  1. メディアの添付をやめる
  2. テキストのみのツイートをしてみる
  3. 出来なかったら、フォローやいいねなどの行為をしてみる
  4. すると、アカウントロック状態になり、Google reCAPTCHAチャレンジとなる
とにかくその状態は「軽いアカウントロック状態」なので、本格的な「アカウントロック状態」に持っていく必要があります。

アカウントロック状態になれば、動作が制限され、Google reCAPTCHAチャレンジの画面へと遷移するので、Google reCAPTCHAチャレンジに成功すればいいのですが、「軽いアカウントロック状態」では何が起きたかわからない状況で、「このアカウントもうダメだな……」とせっかく作ったアカウントを捨ててしまうことになります。

また、このような解決方法を知らないと、画像メディアのほうを疑ってしまい、せっかくのいい素材を捨ててしまうことになりかねません。

なぜこのようなエラー(軽いアカウントロック)が起きてしまうのか

アカウントの信頼度が低いから、セキュリティ的な面でそのような状態になります。

アカウントの信頼度とはどのようなところ示すかというと、様々な視点があります。

  • アカウントが作り立て(3か月以内)ではないか
  • メールアドレスのみの登録で、電話番号が登録されていない
  • フォローに対して、フォロワーが少なすぎる
  • プロキシを刺したり、怪しい行動が見受けられる
Twitter社に認められるようなツイッターアカウントを作るには、フォロワーが多い、ツイートしている(アクティブである)、ツイートが有益である(ツイートにリアクションが多くついている)、ツイッターを長く利用している、本人確認ができているなどなど、様々な方法がありますが、ツイッターアフィリエイトをやる上で、手動でブランディング垢をやるわけでない限り手間がかかってしまって仕方ありませんよね。

そんな時に大事なのは認められるのは難しいにしても「怪しまれない」ツイッターアカウントを運用することです。

怪しまれないようなツイッターの運用方法は下記記事にまとめてありますのでご覧ください。

アカウント凍結しない、フォローやダイレクトメッセージの方法

ツイッターアカウントが作り立てだと起きる問題について

ちょっと別件にはなりますが、このエラーをはじめ、最近は「作り立てのツイッターアカウント」に対して厳しい目が向けられている気がします。

なので、このエラーとは関係なく、ツイッターアカウントの初動の動きには十分注意することが大事だといえます。

数か月前まではアカウント作りたてのスタートダッシュが全てのような考えもありましたが、今はまず、エンゲージメントを高める運用方法に切り替えることをおススメします。また、最初からURL付きのツイートをする事を控え、ツイートもテキストのみ、ハッシュタグすら使わない運用をする事も検討したほうがいいでしょう。

もちろんそれだと伸ばすことが難しいかと思いますが、自身がパワーアカウント(フォロワーが多い類似アカウント)を持っていれば、そのアカウントで自演RTをして伸ばすというのも手段だと思います。

そんな、スロースタートでもアカウントを伸ばせる方法を下記記事でご紹介いたします。

自作自演リツイート(RT)でアカウント凍結してしまう時の解決法

アカウント凍結しない、フォローやダイレクトメッセージの方法

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイト7年間の歴史、経験が盛り込まれた2020年版最新「凍結対策」についてnoteを公開させて頂いてます。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!