「Twitter アフィリエイトセミナー 2022」開催決定!申込受付中!

Twitterのシャドーバン(シャドウバン)の確認方法と症状について

みなさん、こんにちは!電子くんです。

今回はアカウント凍結に近しいような状態『シャドウバン』についてご紹介していきます。

正直あまりシャドウバンになることはありませんが、凍結解除申請が通った後など、本人が気づかないうちになっている可能性があります。

ツイッターのバン(BAN)とは

ツイッターで言うBANとは『アカウント凍結』の事を指し、タイムラインは見れませんし、ツイートもできないなど、基本的にはすべての行動が規制されます。

ツイッターのアカウント凍結は予告なしで唐突に行われます。

アカウントにログインした際に『このアカウントは凍結されています』と表示されるのでユーザー側からもわかりやすいです。

アカウント凍結はもはや警告のようなもので、確実なルール違反を犯していなければ、異議申し立てを行うことでアカウント凍結の状態から解除されることがあります。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

異議申し立て完全マニュアル

Twitter異議申し立てのやり方!異議申し立て(凍結解除申請)マニュアル!

シャドウバン(ShadowBAN)とは

アカウント凍結と違い、シャドウバンは一部の機能が制限されている状態を指します。また、ユーザー側に『シャドウバンされています』などの表示がありません。つまり、ユーザーに内緒でこっそりBANすることをシャドウバンと言います。

非常に厄介なのは、自覚することが難しいところです。

ツイートもできますし、タイムラインも見ることができ、基本的にはツイッターを利用できていると錯覚します。

しかしながら、自分のツイートは実際フォロワーに届いていなかったりするのです。ついてはリプライが少なかったり、いいね、RTがいつもより少なかったりします。シャドウバンに気づくのはここがポイントで、いつもと様子がおかしいぞと思うことが大事です。

ここに敏感にならないと一生気づくことができません。

Twitterシャドウバンの調べ方

僕が利用しているのは以下のサイトです。

使い方は非常に簡単です。

  1. チェックしたいスクリーンネームを入力
  2. 『CHECK』をクリック
  3. 結果が表示される

上記のように緑色で下記表示が出れば、シャドウバンはされていません。

逆に以下の画像のように表示されたらシャドウバンされています。

ツイッターのシャドウバンの種類と症状

シャドウバンには4つの種類があります。

  • Search Suggestion Ban
  • Search Ban
  • Ghost Ban
  • Reply Deboosting
症状を一つ一つ見ていきます。

ツイッターのSearch Suggestion Banの症状

シャドウバンの中でも一番軽い症状と言われています。

Search Suggestion Ban(サーチサジェスチョンバン)はその通り、検索時の提案(サジェスチョン)としてBAN(禁止)されるという事です。

例えばこちらをご覧ください。

『電子』と打つだけで、いろいろな提案(おすすめアカウント)がツイッターから表示されますが、ここに自身のアカウントが表示されなくなります。例えば、僕のアカウントがシャドウバンを食らっていたら、このリストに表示されなくなります。

また『おすすめツイート』、『おすすめユーザー』などの様々な、提案(サジェスチョン)に表示されなくなります。

つまり、Search Suggestion Ban(サーチサジェスチョンバン)されているだけで、インプレッションされる機会が極端に減るという事になります。

ただ、そのアカウントのプロフィール直打ちやスクリーンネームなどで検索すれば、そのプロフィールへたどり着くことはもちろん可能です。

ツイッターのSearch Banの症状

Search Ban(サーチバン)は言葉の通り、検索結果から禁止(排除)されることになります。

このようにツイートして、実験しました。

早速エゴサーチしてみます。

なんだと……。

このように、ツイートが検索に引っかからないようになります。

ただし、検索に引っかからないだけで、そのアカウントのプロフィールへ移動すれば確認することができます。

つまり、仮にSearch Ban(サーチバン)されたとしてもフォロワーさんのタイムラインにはツイートは表示されますし、アカウントのプロフィールに飛べばツイートは確認できます。あくまで『検索を使った時』に表示されなくなるという症状です。

擁護したものの、致命的だとは思います。

ツイッターのGhost BanとReply Deboostingの症状

Ghost Ban(ゴーストバン)とReply Deboosting(リプライディブースティング)とは両方とも『リプライ』に関するBANです。

Reply Deboosting(リプライディブースティング)は見たことある人もいるかと思いますが以下のように警告が出て表示できないリプライになってしまうという状態です。

Ghost Ban(ゴーストバン)はReply Deboosting(リプライディブースティング)よりも重度なリプライのBANで、以下のように『リプライが来てることがわかるのに、内容が全く見れない状況』になります。

リプライが1件来ているのに……

詳細を見ると何も表示されない。などなど。

ツイッターのシャドウバンの解除方法

現段階でわかってることは時間が解決してくれるという事だけです。ただ、シャドウバンは段階的に行われています。

軽度:『Search Suggestion Ban』や『Reply Deboosting』
重度:『Search Ban』や『Ghost Ban』

軽度のシャドウバンは時間が解決してくれるようですが、軽度のシャドウバンに気づかずにツイッターのルールに背いている利用をすると、重度のシャドウバンとなり、シャドウバンの解除もほぼほぼ難しい状況かと思います。

僕がシャドウバン(重度)されているアカウントはもうすでにもう4か月たちますが、シャドウバンが解除されていません。

時間が解決してくれないと分かった場合には『問い合わせ』をしてみましょう。凍結と同じように問い合わせすることで、解除してもらえるケースがあります。

しかしながら、シャドウバンチェックで重度(『Search Ban』や『Ghost Ban』)と判定された場合はそちらのアカウントは捨てたほうがいいかもしれませんね。

ツイッターのシャドウバンになってしまう要因とは

僕の経験則ですが、ツイッターのルールを違反したのちに、アカウント凍結され、そちらを異議申し立てで取り戻したアカウントがなりやすいと感じます。
こればかりは対策が難しいので、シャドウバンになってしまったら、仕方ないくらいの気持ちでいましょう。

また、ツールにまかせた「いいね」の多用などが怪しいように思えます。

どちらにしても、シャドウバンになっていることに気づくことが大事なので、ツイッターの些細な変化に敏感になることが大事です。

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイトの歴史、経験が盛り込まれた”特別な情報”を限定公開しています。「凍結」「シャドウバン」「通知規制」で悩んでいる方はぜひチェックして下さい。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!