「Twitter アフィリエイトセミナー 2022」開催決定!申込受付中!

シャドウバンについて現時点(2020/12)でわかっていること

今ツイッターアフィリエイトで頭を悩ませる要因となっているのが「シャドウバン」です。

シャドウバンについてはあまり情報が出回っておらず、なおかつ、ツイッター公式はシャドウバンをしていないとしているので、確かな情報が集まりにくいという状況があります。

そんなシャドウバンについて、少しだけ情報をまとめていきたいと思います。

なお、YouTubeチャンネルにて聞き流しを行うこともできますのでお忙しい方はこちらからどうぞ。

アカウント作成直後はシャドウバンになる

アカウント作成直後はほぼ100%と言っていいほど、シャドウバンになると感じています。新規アカウントは監視の目も鋭く光っているためであると感じます。

シャドウバンになってしまったら、慌てずに下記の事を試すと良いと思います。

シャドウバンを解除するためには

シャドウバンはツイートが原因でなることが多いと感じます。そのため、「ツイートをせず、アカウントを放置」すると解除されるというケースが多々見受けられます。

また、いいねやリプライなど、他のツイッターアカウントとの交流をすると解除されるというケースが多いです。

ポイントはTwitter自体にこのアカウントはツイッターにとって善ですよとアピールすることや実態を証明する(交流して存在がある事を証明する)ことが大事です。

作成直後以外でシャドウバンになるケースとは

シャドウバンはツイッターに怪しまれたり、悪とみなされるとなる傾向にあります。

そんな、怪しまれたり、悪とみられないためには、具体的にはツイッターを本来のツイッターの使い方のように使うことや、他者と交流していると、良いアカウントと認識され、シャドウバンになりにくくなります。

そんな、怪しまれない、悪とみられないためには「受動的運用」が良いと思っています。こちらの記事に詳細がありますのでご覧ください。

アカウント凍結しない、フォローやダイレクトメッセージの方法

僕のシャドウバンに関する状況

僕も例外ではなく、シャドウバンは受けている状況です。

アダルト系はセンシティブ判定でシャドウバンを受けていることが多いです。一般系は全体の1割程度しかなっておらず、ある程度シャドウバンの対策が取れている状況といえます。

また、僕はツールを利用し、シャドウバンの状況を毎日チェックするようにしています。管理するアカウントが多くなると、手動でのチェックは難しく、ツールが必須になると感じています。

今後、シャドウバンとどう向き合っていくか

シャドウバンは運用、対策次第で、解除もできますし、さほど大きな問題とは認識していません。

ただ、シャドウバンを繰り返すアカウントは体感アカウント凍結しています。

つまり、シャドウバンを軽い問題だと考え、解除できるからなってもいいやという考えでいると、大切なアカウントが遠い未来、凍結してしまう恐れがあります。

シャドウバンに関しては、アカウント凍結と同じようにトライ&エラーが大事です。

このハッシュタグをつけるとシャドウバンになる、このハッシュタグを外すとならない、いいねを1日10件やるとなる、いいねを1日おきに10件ならならない。などなど、いろいろ試しては検証、試しては検証していくことが一番の対策であると考えます。

そのためには、アカウントのシャドウバンの状況を細かくチェックする必要がありますが、そこの手間をかけてまでやる必要があると思います。

シャドウバンに関してのその他の記事

シャドウバンは冒頭でも述べたようにあまり情報が出回っておらず、なおかつ、ツイッター公式はシャドウバンをしていないとしているので、確かな情報が集まりにくいという状況があります。

それでも、少しずつ情報がわかったタイミングで僕は記事にしているので、よかったら、過去の記事にはなりますが、ご一読してみてください。

シャドウバンの歴史とTwitterルール。そして新しい確認方法

最近流行りのシャドウバンについての原因などを徹底解説

Twitterのシャドーバン(シャドウバン)の確認方法と症状について

限定コンテンツのご案内

僕のTwitterアフィリエイトの歴史、経験が盛り込まれた”特別な情報”を限定公開しています。「凍結」「シャドウバン」「通知規制」で悩んでいる方はぜひチェックして下さい。

クローズドコミュニティ「チームmizuta」

アフィリエイトに本気で取り組みたい。仲間が欲しい。
Twitterのことをもっと勉強したい方など必見!
ツール・ノウハウ・仲間が揃ったASP公認の最強集団はこちらです!